Keyboard

【自作キーボード】その2:組み立て編

5月 18, 2018

Aliexpressで購入していた全ての材料が到着しました。
4月17日に2店舗にわけて注文して、ひとつは4月24日着、もうひとつは5月1日着でした。

こちらが今回購入した材料になります。
詳しくは【自作キーボード】その1:材料購入編を確認してください。

奥のキーボードは手持ちのPOK3Rです


まずはスタビライザーを組み立てます。
方向がわからなかったので、Youtubeで動画を探してきて組み立てました。けっきょくぼんやりとしかわからなかったのですが、向きを見てなんとなく作ってみました。

バーをはめ込む時、割れるんじゃないかとビクビクしながらやったよw


組み立てたスタビライザーをPCBにはめていきます。
Modキー(ShiftキーやEnterキー等)は実際のキーキャップをはめて位置を確認しながらやりました。カチッと音がするまでけっこう強い力で押し込む必要がありました。
スペースキー以外はバーが下側。スペースキーはバーが上側になるようにはめ込みます。

安いクリアのスタビライザーにしたら、音がシャコシャコ安っぽい音がするw


次は、Switchをプレートに取り付けていくんですが、今回買ったSwitchは5pinだったので不要な2pinをニッパーでカットしていきます。元々3pinのタイプはこの作業は不要です。
しかし、とても地味な作業w


地味だけどいがいと癖になる作業w


プレートにSwitchを取り付けます。
PCBとプレートは色々なレイアウトに対応するために穴が沢山空いています。
ここでもModキーは位置を確認しながら、自分のやりたいレイアウトに合わせてSwitchを取り付けていきます。



パチパチパチパチはめていくのが楽しい


いつでもいいのですが、ここでケースの裏にゴムの足みたいなのを取り付けました。



全てのSwitchがついたら、PCBの裏側にはんだ付けを行います。



こまめにはんだの汚れ?をとるとスムーズかつキレイにできるとおもいます!ました!


全てのはんだ付けが終わったらキーが正しく反応するか確認します。
適当にキースイッチテストのアプリをインストールしました。

キーキャップを取り付けて完成です!(キーキャップは仮です)

ちなみにUSBケーブルはZap Cablesでオーダーしたお気に入り


はじめてのキーボード組み立て。
作業は1時間半くらいで終わりました。とても簡単だったので材料さえ揃えれば誰でもできると思います。たぶん!楽しかったのでまた作りたい!
今度はRGBのホットスワップPCB?のキーボードを作ってみたいです。


タイピングの様子の動画を撮ってみました!



twitter

YouTube